カテゴリー別アーカイブ: 婚約指輪放浪記

婚約指輪放浪記2013福岡編

札幌、仙台と共に、
婚約指輪の日本三大激戦区である
福岡ですが、ここはとても変化が激しい
地域だと思います。

天神地区の百貨店の
ジュエリー売場を眺めても
約15年前に三越が進出し
岩田屋と大丸が対抗して新館を作りと
売場面積はどんどん増えて
場所も頻繁に変わりました。
(しかし、お客さんの数が増えて
いるようには見えませんでした)

一方で、ブライダルリング専門店は
若者に人気の西通り周辺に
路面店を相次いで出店。
全国展開しているブランドは
ほとんどが揃いました。

地域内の競争が厳しくなるだけでなく
鹿児島、熊本、小倉といった都市でも
ブライダルリング専門店が増えたので
福岡まで婚約指輪を買いに来る
カップルの減少という、
市場の縮小も同時進行です。
これは、札幌や仙台にもない
福岡だけの現象ですから
とにかく厳しい市場なのです。

その中で、2011年博多駅に
阪急開業。

初めて迎えたクリスマス時期には
ジュエリー売場に、お客さんが少なく
大丈夫かと思いましたが
今年はずいぶん盛り上っていました。
特に、百貨店初となる
俄の広いスペースにカップルがたくさん。
これが一番のトピックスでした。

天神地区に関しては、
ブライダルリングは変わり映えしない
のですが、
岩田屋や大丸のファッションジュエリー
売場にカップルが増えていたのが
ここ数年で見られない光景でした。

これはどういうことだろう?
なかなか理解出来ませんでした。

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします

婚約指輪放浪記2013 仙台・青森・盛岡編

仙台市内は震災の影響も
ほとんど感じられず
市内はとても賑わっていました。

仙台は、東北の中心ということで
全国展開を目指すブランドは
必ず出店する場所です。

その一方で、山形、青森等に
本拠地を置く会社も仙台に
出店します。
続きを読む

婚約指輪放浪記2013新潟編

新潟は、国内有数のおしゃれな地方都市です。
おもしろいことに、セレクトショップ等
おしゃれな店舗は万代地区という
狭いエリアに集中していて、
古い繁華街である古町は
落ち着いた風情を残しています。
(寂しくはなっていますが)
続きを読む

婚約指輪放浪記2011、大阪なんば編

すいません、なぜかこの記事が連載から落ちていたので
ここに書かせて下さい。

ゼクシィ関西版は小さな個人商店ががんばっているので
ローカル色が強いと大阪梅田編で書きましたが
その多くは梅田ではなく、なんば地区にあります。

20年前でも時代遅れでほとんど売れなかった
ルビー、サファイアといった宝石をメインにした婚約指輪を
扱っている店もあるし、
船場の問屋街の雰囲気を持つ激安店も複数ありで、
この地区はかなり独特の雰囲気ですね。
百貨店も、ブランドの路面店もあるので
国内外のひと通りのブランドは揃っているのですが
ユニークなのは、地場の店です。

東京では、以前の御徒町がそうだったのでしょうが
最近ではあまり話題になることもなくなりましたから
なんばの独自性が光ります。

私は、今までこの地区の店舗を廻ったことがなかったので
地図を片手に街歩きです。
店舗があちこちに点在しているので、見て回るのは
なかなか大変でした。

やはり、安売り店は支持されているなあ
というのが第一印象です。

低いガラスケース(中にはダイヤモンドが並んでいる)を
挟んで、カップルと販売員が至近距離で向かいあう姿は
圧巻です。

販売員は若いお兄さん(首からルーペをぶら下げている)か
中年のおば様。
冗談抜きで、電卓を叩いています。
その絵に描いたようなベタな姿に感動してしまいました。

やはり激安店は、こうでなければいけません。
見せかけの二重価格とは違いますね。

それで思い出したのが、15年ほど前、
トレセンテ大阪店の出店前に、心斎橋の老舗宝飾店に
婚約指輪のリサーチに行った時のこと。
そこのお兄さんの、開口一番のセールストークが
「予算はなんぼですか?」
だったことです。

まあ、無駄が無い事この上ないのですが
当時の私は相当にショックを受けたものです。

今、全国のゼクシィを眺めても
価格を売りにした店舗は数えるほどですが
その多くが関西版に集中しています。

電卓を叩きつつ価格交渉を楽しむのも
ひとつの文化でしょうし、
実利を重視するならば、きちんと店舗間の価格比較も
するはずだから、変な二重価格に騙されることも
ないでしょう。

ある意味、とってもフェアーな市場なのかもしれないと
考えました。
このテイストは、きっと変わらずに維持されていくのでしょうね。

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします

婚約指輪放浪記2011、銀座編(2)

次に、銀座の国内ブランドはどうでしょうか?

新規の店舗はずいぶん増えたけれど、
勢力図に大きな変化はないように思えました。

まず、国内勢で最も集客力のある4℃ブライダルを筆頭に
ブライダル以外でもブランド力のあるところは健在です。

もっとも、そんなところは例外で、
銀座にある婚約指輪・結婚指輪専門店のほとんどは
一般的には無名のブランド。
ゼクシィ等で初めて目にするところが多いのです。

なので、熾烈な競争が繰り広げられるのですが
とにかく集客が出来なければ、話しになりません。

この場合の集客力とは何かと言うと
ユーザーに受け入れられるキャラが立っているかどうか
に尽きると思います。

オリジナルデザインのリングが作れる、ピンクダイヤが豊富、
価格が安い(銀座だから怪しいのはダメ)等
ユーザーにとって分かりやすいメリットがあるところは
立地が悪くても健闘しています。

反対に、誰も知らないようなブランドや、
ユーザーに支持されないメリットを打ち出しているところは
集客が厳しいです。
こうなると、広告費をかけても無駄で
ゼクシィの広告費の方が、売上よりも多いような結果に
なってしまうから、銀座はシビアです。

私も5年前まで、銀座で店舗を運営していましたが
今だったらどうしているだろう、相当苦労しているだろうなと、
何とも複雑な気持ちになりました。

さて、2011年12月の婚約指輪全国巡回レポートも
ようやく完結です(もう3月になってしまいました)。
婚礼数が減って、市場は確実に縮小しているのに
大都市圏での競争は、どこも激化しているのが現状です。
今年の年末には、その勝敗がレポートされることに
なるのでしょうか。

この20年で、婚約指輪市場はブルーオーシャンから
レッドオーシャンに、すっかり様変わりしてしまいました。

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします

婚約指輪放浪記2011、銀座編(1)

12月の婚約指輪全国巡回のトリは銀座です。

11月末発売のゼクシィ首都圏版に、婚約指輪・結婚指輪の
広告を掲載している38社中30社は銀座に出店しているし
この号の銀座マップに登場するブランド数は、のべ75。
ゼクシィがスルーしているブランドもあるので、全部足せば
100前後の売場が銀座にひしめいていることになります。
銀座に25年勤務している私だって、全貌を完璧に
把握しているとはとても言えません。

銀座は賃料が高く、裏通りの店舗も少なくないので
たくさんの店舗を廻ろうと考えると、かなか大変です。
それでもクリスマス時期は、街全体が華やいでいて
ワクワクするような雰囲気です。
普段はドアマンが居て、入りづらい海外ブランドの店舗も
クリスマスのピークはドアが全開になるので、
この機会に巡回することにしています。

2011年は過去最多の出店数を記録した(詳しくはこちら
銀座なので、勢力図に変化があるかどうかも関心事でした。
さてさて、どうなったでしょうか?

まず確かなのは、海外ブランド御三家(ティファニー、カルティエ
ブルガリ)の人気は不動ということです。
クリスマスの銀座にブライダルリングを買いに行こう!
と考えた場合、やはりこの3ブランドほど満足感が得られる
ところはないのでしょうね。

一時低迷していたティファニーは復調気配だったし
(実際売上の回復が報告されました)
座って接客するカルティエ、ブルガリは順番待ちの状況。
今どき接客の順番待ちなんか、日本中でどれだけあるでしょう?

これらのブランドでも20万円台の婚約指輪はあるし
(ダイヤモンドは小さいですが)
結婚指輪も素材がゴールドならばペアで10万円強で買えるので、
考えようによってはコストパフォーマンスも悪くありません。
(この件、別途書きます)

しかし、海外ブランドならばどこでも売れるほど
甘くないのが銀座です。

ダイヤモンド無料配布で顰蹙を買ったモーブッサンを筆頭に
集客に苦労しているブランドも少なくありません。
いつの間にか撤退しているブランドもありますしね。

一等地の銀座通り(中央通り)や並木通りに出店しても
通りすがりの人が入店しないのが、ジュエリーショップの
難しいところ。

集客力の無いブランドは生き残れない、厳しい現実があります。

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします

婚約指輪放浪記2011、新宿編

不思議なことですが、首都圏のターミナル駅は
昔からブライダルリングの専門店が不調です。

最初にトライしたのはシライシで、
10年以上前になりますが、池袋・新宿・渋谷に
それぞれ異なる名前の店舗を出店して、
ゼクシィでそれなりに宣伝したのですが
うまくいかずに撤退しました。

どこも百貨店が強力なので、路面店は難しいと
いうことだったのかもしれません。

新宿は世界最大の乗降客数(1日360万人)で、
それは四国4県の人口(400万人)に匹敵します。
東京都内では、銀座に次ぐブライダル激戦区、
クリスマス商戦のさなかに見に行きました。

新宿で婚約指輪、結婚指輪が最も揃うのは
何と言っても百貨店の雄、伊勢丹です。
ここのアクセサリー売場は陳列方法は、
少し変わっていて、売場のケースが全ブランド共通です。
ブランドロゴが大きく掲示されることもないので
(最初よりは大きくなった)
ケースを覗きこまないと、どのブランドの商品か
わかりません。

ティファニー、カルティエの2大ブランドですら
大差のない扱いですぐ横に並んでいます。

国内ブランドの婚約指輪、結婚指輪にいたっては
ブランドの垣根を越えて、専門コーナーに
集められているのです。

これらは伊勢丹独自の考え方で
ブランド毎に分けてディスプレーするよりも
アイテム毎にまとめた方が、お客様は買いやすいという
ことなのです。

しかし個人的には、婚約指輪・結婚指輪でそれは
不親切じゃないかなと思います。
これらは、デザインに大きな特徴があるわけではないから
一緒に並べたら、ブランド毎の区別なんか
誰もつくはずがありません。
比較のポイントがわからなくなりますよね。

伊勢丹のアクセサリー売場は、プレゼントを探すカップルで
すごい盛り上がり(今年も一番人気はアーカー)ですが
ブライダルリング売場にはあまり人がいなかったので
ちょっと不思議な感じがしました。

その後周辺の路面店と、旧三越のティファニー、
スタージュエリーをまわりましたが、どこもカップルがいても
ブライダルリング売場は盛り上がりに欠けていました。

そして愕然としたのが、某専門店の前を通りかかった時。
店長と思われる男性が店の前をほうきとチリトリで掃除
しているのです。
このピークの時間に何してるんだろうと思って店内を見ると
6名の女性スタッフが正面を向いて待機していました・・・。

そりゃ、店舗責任者として掃除のひとつもしたくなるよなと
冗談抜きで、こちらまで胃が痛くなりました。
いったい新宿のブライダルリング市場はどうなっているんだ??

新宿タカシマヤはファッションジュエリーでも伊勢丹ほどの
盛り上りはなくて、ブライダルリングも同様です。
タカシマヤの売場は、以前から10%OFFの表示が目立つ
のが気になりますね。

この新宿の状況は、私にとってもショックでした。
クリスマスに結婚指輪や婚約指輪を買わなくなったのか?
それとも新宿という立地がブライダル向きでないのか?

まだ、結論は良くわからないのです。

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします

婚約指輪放浪記2011、大阪梅田編

関西ゼクシィの婚約指輪・結婚指輪のページは、
首都圏版に次ぐボリュームでありながら、
とても強いローカル色が感じられます。

その理由は、地元の小さな商店ががんばって
ゼクシィに広告を出しているからで
2012年1月号だと、42社中19社が地元の店です。
ゼクシィ首都圏版では小さな商店はあまり見かけませんので
さすがに関西商人は元気ですね。

まずは、大阪キタの梅田地区から見てみましょう。

2011年に関西で最も話題になった商業施設は
大阪駅の真上に出来た、伊勢丹(三越)と
JRの駅ビル「ルクア」です。
それに対抗して、大丸や阪急も大幅に売場を増床する
計画なので、これではオーバーストアーだと
心配されていました。

私は、12月24日(土)という、来館者が年間のピークであろう日に
大阪地区を見て回ったのですが、それにしても伊勢丹の状況は
ひどいものでした。
今日は、大雨の平日?というまばらな人で、アクセサリー売場の
4℃なんか、日本で一番空いているんじゃないかなというくらい。
伊勢丹は関西人に放置プレーをのお仕置きをうけているようです。
何が悪かったのでしょうね。

それに比べると、ルクアはずっと盛況。
JRの駅ビルは、日本全国本当に強いですね。
ブライダルリングを扱っているショップはカナル4℃、アガット等
多くはないのですがその中で、emのリングが存在感を見せて
いました。(別途書きます)

百貨店では、梅田阪急、大丸、阪神共にクリスマスらしく
プレゼントのジュエリーを求めるカップルが多く見られましたが
ブライダルリングを購入しているカップルが例年より少ないのが
気になり、震災でブライダルリングが絶好調という話しは
どうなったんだろうと思いました。
(この件はこちらをご覧ください)

ここ数年、阪急電車の梅田駅北東の茶屋町にブライダルリング
ショップの新規オープンが続いています。
梅田地区の場合、百貨店、地下街、ファッションビルがメインなので
小さな路面店を出すとなるとここしかありませんし
再開発が進み環境が良くなったことも見逃せません。
私が7年前ヌ―茶屋町にトレセンテを出店した頃、
この地区のブライダルリング専門店は3-4店舗だったのですが、
現在は10店舗近くに増えています。

ただ、この地区はロフトへ向かう人の流れはあるけれど
それ以外の人の流れはあまり多くないのですね。
(婚約指輪・結婚指輪の場合は目的買いだから立地はあまり
関係ないとは言いますが・・・)
梅田阪急みたいに混雑していないので、お客様にとって
ゆったりと選べるのは良いのですが、
来店数は、どの店もほどほどという印象です。

個人的に興味があるのが、だんじりで有名な岸和田の
ガーデンという店の出店。
地方に良く見られる、ブライダルリングのブランドを多数集めた
自称大型セレクトショップなのですが、梅田の場合は町全体が
ティファニー、カルティエ、4℃、以下国内外の人気一流ブランドを
ほとんど集めたセレクトショップですから、
このタイプの店はどういうポジションになるのだろうかと、
考えてしまうのです。
もっとも、ブライダルリングの好みは、本当に百人百色ですから
健闘を期待したいところですね。

心斎橋地区に比べると梅田地区はまだなだ路面店が少ないので
今後は、関西で強い価格訴求型の店舗が増える可能性が
残っているように思えます

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします

婚約指輪放浪記2011、小倉編

小倉は、なかなか不思議な街です。

まず、新幹線を降りると工場の匂いがします。
すぐ駅前に製鉄所があるからですが、
なるほど小倉は工業都市なんだと、納得せざるを得ません。

人口は100万人弱ですが、若者は福岡(天神)に買い物に行く
と言われて久しく、
バブル末期、駅前に「そごう」としてオープンした建物は
玉屋、伊勢丹と看板を付け替え、現在は地元の井筒屋に
落ち着きました。
こんなに百貨店が入れ替わった建物なんか全国でも
聞いたことがありません。

その分、細い道の昔ながらのアーケード商店街は元気です。
いつも感心するのが、東京本社のドラッグショップなのに
台の上に上ったおじさんが、大声で口上を述べ販売していること。
お客さんもいっぱいで、すごい熱気です。
さすがにバナナの叩き売り発祥の地で、工場の匂いといい
昭和を感じさせるレトロな街だなあと思います。

ゼクシィに掲載している店舗は6店ですが、
百貨店の井筒屋に、国内外のブランド店が入っているので
婚約指輪、結婚指輪のメジャーなブランドは、ほとんどあると
言えるでしょう。

それでも、人口や百貨店売上高があまり変わらない仙台には
ゼクシィ掲載店舗が19もあるのですから
競争条件は、そこそこの厳しさということでしょうか。
福岡・天神ほど、個性的なブランドがあるわけではありませんが
どの店もほどほどに集客しているようです。
婚約指輪や結婚指輪を選ぶのに、わざわざ遠くまで行く
必要はないと考えているカップルが小倉で購入して
いるのでしょう。
皆が皆、必死でリング選びをしているわけではないので
これも当たり前のことです。

こういう状況を見ると、ブライダル市場は決まった商圏内の
競合条件がほどほどであれば、共存も可能だなあと思います。
小倉の場合は、福岡・天神に店舗があれば、
新規の広告費が必要ないので尚更です。

全国的に見れば、ブライダル専門店の店舗数は増加の一途ですが
地方都市はのんびりといきたいものですね。

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします

婚約指輪放浪記2011、福岡編

婚約指輪の日本3大激戦区、そのひとつが福岡です。

昔(15年くらい前)は、そうでもなくて
当時運営していたトレセンテの店舗はニューオータニ博多
という、良くない立地でずいぶん売れていました。

その理由は、福岡のみならず九州の中で競争が
ゆるやかだったからです。

福岡の競争は、シライシやアイプリモが進出するようになり
だんだん厳しくなっていきましたが
その当時は鹿児島、熊本等県外のカップルが婚約指輪や
結婚指輪を求めて福岡に集結する状況でした。
売上の30%が鹿児島在住なんていう、今ではとても
信じられないような時期もあったのです。
(ゼクシィも当初は九州で1冊だった)

その後、ゼクシィが県ごとに発行されるようになり
各県ごとにブライダルリング専門店も増えたので
福岡への一極集中は弱まっていきました。

それにもかかわらず、福岡の店舗数は増え続けたので
日本有数の激戦区になってしまったというわけです。

福岡の今年の目玉は、何と言っても博多駅にオープンした
博多阪急とJRの駅ビル「アミュプラザ」です。
九州新幹線開通にあわせてのオープンが震災と重なり
東京では話題にならなかったのですが、その後の好調な
様子は伝えられていました。

札幌、名古屋、京都とJRの駅の商業施設は、
従来の人の流れを変えるほどに成功してきたので
博多駅から離れた天神地区(これまでの中心)にどれほど
影響が出るのだろうと、皆が注目したのです。

博多阪急1Fのアクセサリー売場はとても広くて、
(アミュプラザはスタージュエリーくらい)
ブランド数も多く、俄やアーカーも大きなスペースです。
しかし、年間でピークの土日2日間で確認したのですが
ティファニーでも、4℃でも販売スタッフの人数の方が
お客さんよりずいぶん多いのです。
百貨店全体や、駅ビルは相当賑わっているのに・・・。

ジュエリーというアイテムが、世の中で期待されなく
なってしまったことは、トレセンテで痛感していたのですが
阪急百貨店も、梅田のように売場を2Fにすれば良かったと
後悔しているかもしれません。

そして天神地区ですが、昼間の人の流れはずいぶん減って
いるように感じました。以前は、店舗の空きスペースなど
まったくなかったのですが、現在は好立地でも1年以上
空いたままのところすらあります。

婚約指輪、結婚指輪をメインとした主な路面店は、
均等に2-3組集客していて、これでは仙台と同じで
みんなが苦しくゼクシィ儲かるという状況です。
もう当面大きな変化はないだろうなと思いました。

考えてみると、新しい商業施設がオープンしても、
婚姻数が増えない限りブライダルリング市場は
広がらないですよね。
トレセンテでステラプレイス店(札幌の駅ビル)が
オープンした時に、従来の店舗の売上を右から左に
持って行くだけで、札幌トータルの売上が増えなかった
ことを思い出しました。

日曜日の天神、開店前のエクセルコで
5人の女性スタッフが、一生懸命ウィンドーを拭く姿は
とても壮観で、売れるといいねと、思わずつぶやきました。

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします