ダイヤモンドをルーペで見て選ぶのは楽しい

IMG_2408

婚約指輪のダイヤモンドを選ぶ基準は
鑑定書に記載されている4C(カラット,
カット,クラリティ―,カラー)のスペックと
価格であるのが現状でしょう。

それもやむを得ないことだと思います。
『4Cのスペックが上位のダイヤモンドが
美しい』というのは、販売上の大原則で
これがあるからダイヤモンドの販売が
容易に行われているわけです。

それに、実際にダイヤモンドを
お客様に見ていただいて販売するのは
なかなか大変です。

ダイヤモンドをチェックするのには
一般に10倍のルーペが使われますが
指輪としてプラチナの枠にセットされた
ダイヤモンドを見ても
細かいところはわかりませんし、
混雑している百貨店の店頭等では
物理的に不可能な作業とも言えます。
(そもそも自分でダイヤモンドを
見ることが出来る販売員は少なく、
だからこそ鑑定書が便利なのです)
また店頭の強いスポットライトの下で
ダイヤモンドをルーペで見ても
キラキラ眩しくて何もわからないのが
実際のところでしょう。

正直に申し上げて、
婚約指輪に30年近く関わっている私も
自分の目でダイヤモンドを
厳しくチェックしたとしても
それをお客様に確認していただくことを
したことはありませんでした。

ところが、最近では当社ショールームに
お越しいただいたお客様に関しては
ご自分の目で見てキレイだと思える
ダイヤモンドを選んでいただいています。

これがとても面白いのですよ。

当たり前のことですが、全てのお客様は
初めてダイヤモンドをルーペで見ます。
なので、最初は悪戦苦闘するのですが
慣れてくると、それはそれは真剣に
繰り返しダイヤモンドを眺めるように
なるのです。
そこには男女の差もありません。

最初は何が何だかわからなかった
ダイヤモンドなのですが
次第に個々のダイヤモンドの
個性がわかるようになりますし
自分の好みのダイヤモンドが
決まってくるのですね。

そして自分が実際にルーペで見て
気に入ったダイヤモンドというのは
4Cのスペックとは関係が無いことが
とても多いのです。
(大きさを表すカラットだけは別です)

極端な例では
『「D VVS1」よりも「G VS1」の
方がキレイに見えるから気に入った』
ということが実際にあるのです。
価格が40-50%安いダイヤモンド
の方がキレイに見えるのですね。

まさに、ダイヤモンドは自然の産物だから
スペックだけではわからないという
事例なのですが、
個人の好みの問題なのだから
それはどうしようもないと思います。
ダイヤモンドは奥が深いということです。

もっともここまで達するには
1時間以上の時間をかけて
ダイヤモンドを見続ける必要があります。
それは当社が小さなブランドだからこそ
可能なサービスなのは間違いありません。

また、結果的に価格の安いダイヤモンドを
お勧めすることも頻繁にあるわけで
商売ベースからはずれてしまい
なかなか難しいサービスでもあるのです。

それでも、実際に自分の目でチェックして
美しいダイヤモンドを選ぶというのは
とても素晴らしいことだと確信しています。
美しいダイヤモンドは自分の感性で選び
それが鑑定書のスペックと一致しないって
とても素敵なことじゃないですか。

最愛の彼女のために、自分のために
時間と手間をかけダイヤモンドを選ぶのは
価値のあることですよね。

どうぞお時間のある方は
実際にダイヤモンドを眺めに来て下さい。
また、遠方でご来店が難しいお客様も
私が厳しくチェックしていますので
ご安心ください。
いろいろなご相談も大歓迎ですので
お気軽にお尋ねくださいね。

鑑定書に頼らずに自分の目で見て
ダイヤモンドを選ぶのは楽しいなあ。
多くのお客様に実感して頂きたいです。

(文責 渡部博行)
婚約指輪通販ブラシュケルTOPへ

 

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします