婚約指輪放浪記2015札幌編

IMG_1793
昨年は行けなかった札幌。
今年は年末よりも少し早めの訪問です。
前回、千歳空港が大雪でクローズになり
ひどい目にあいましたので。

以前から、申し上げているとおり
婚約指輪における国内三大激戦区は
札幌、仙台、福岡です。
その中でも札幌は、
北海道に結納という習慣が無く
冠婚葬祭にお金をかけない土地柄なので
婚約指輪の取得率がとても低く、
出店者にとってとても厳しい地区です。

ところが、東北以北の大都市は
仙台と札幌しかないので
この2都市へブライダル専門店の出店が
続いてしまうのですね。
どう考えてもオーバーストアでした。
しかし、札幌ではさすがに
曲がり角を迎えたようです。

まずゼクシィのジュエリーページが
とても薄くなっていました。
多くの店舗が競争に疲弊して
もはや広告費を負担する余力が
少なくなったようです。

実際、大手チェーン店の店舗等
数店舗が無くなっていたのです。
一方で、店舗の移転、リニューアルが
そこそこ実施されていて、
結果的にブライダル専門店の
適正配置が進んだと言えるでしょう。

10月は厳しい冬を前にして、
人の移動が多い時期なのですが
残っている店舗には
まずまずの来客がありました。
婚約指輪や結婚指輪は
マーケット内のシェアー争いなので
店舗数が10%減れば、
残った店舗の売上は10%増えるのです。

札幌駅から大通りへの地下道開通で
札幌駅への人の集中はさらに高まり、
もはや大通地区での店舗運営は
難しいでしょうね。
駅前の狭いエリアへの店舗集中が
今後も続くのでしょう。

店舗数、立地の適正化は
これから他の都市でも見られるはずで
札幌がその先陣だと思いました。

婚約指輪ブラシュケルTOPへ

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします