クリスマスプロポーズ応援の限定婚約指輪

c-174

婚約指輪ブラシュケルでは、
クリスマス限定でお買得ダイヤモンドを
ご用意しています。

前職のトレセンテ時代には
住友金属鉱山の上司から
『おかしな値引きをしたら会社をつぶす』
と厳しく指導されていたし
価格に関する批判が多い宝飾業界では
信頼を獲得するのが重要と考え
値引きをすることは控えてきました。
(トレセンテも親会社がニッセンに変わり
値引き販売をしているようですが)

今でも、結婚指輪の値引きは
一切していないのですが
クリスマス時期の婚約指輪だけは
限定商品がブランド設立当初からの
恒例行事になっています。

その理由はただひとつ。
クリスマスに婚約指輪を贈ろうと
必死でダイヤモンドを探している
男性の熱い想いを
ひしひしと感じてしまうからです。

当社のサイトには
『今、この時代に一生懸命婚約指輪を
お探しのあなたを心から応援します』
と記載していますが、
婚約指輪を購入する意味は
以前とは変わっていると思います。

20年前だったら、多くの人が正社員で
12月にはそれなりのボーナスを貰い
クリスマスにお金をかけられたのですが
今は違いますよね。

言い方が極端で申し訳ないですが
アベノミクスの恩恵を受けて
高額のボーナスを貰える人は
ハリーウィストンみたいな海外ブランドで
100万円以上の婚約指輪を
購入すればいいと思うのですよ。

しかし、そんな人はさほど多くない
限られた予算内で、出来るだけ良い
婚約指輪を必死に探している男性だって
少なくないはずだと考えるのです。

その場合の10万円、20万円には
とても重みがあるわけで
私としても彼らを応援するために
出来る限りお得な価格の婚約指輪を
ご用意しようと考える訳です。

これは普段でも同じことなのですが
クリスマス時期にはより強い想いが
感じられるのですね。

以前は1ドル80円の時代もあったので
婚約指輪を12万円で
ご提供出来たこともあったのですが
現在の円安とダイヤモンド相場の高騰で
今年は15万円からの品揃えです。

それでもかなり無理があるので
6点のみのご提供になってしまいました。
セール用に輸入したものではないし
どれも本当に美しいダイヤモンド。
銀座オフィスにお越しいただければ
実際にご覧いただけます。

12月7日までにご注文いただければ
22日の月曜日にお届け出来るので
クリスマスプロポーズに間に合いますね。

自分がプロポーズするの訳ではないのに
変に肩に力が入ってしまうのがこの時期。

皆さん、がんばってくださいね。

婚約指輪在庫リストはこちら
赤字でSPの表示があるのが特価品です。

(文責 渡部博行)
婚約指輪ブラシュケルTOPへ

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします

クリスマスプロポーズへスケジュールを確認しよう

IMG_2064

11月後半の3連休を迎え、
クリスマスまでちょうど1ヶ月です。
銀座の人出も年末モードに突入で
大変な混雑が始まっています。

クリスマスのプロポーズに
婚約指輪の購入を考えている男性は
具体的にスケジュールを決めなければ
いけない時期になりました。
日程をチェックしてみましょう。

今年のクリスマスはカレンダーの並びが
あまりよろしくありません。
直前の土曜日・日曜日が20,21日で
祝日の23日が火曜日、
24日のクリスマスイブは水曜日です。
プロポーズ決行の日は
クリスマスにはちょっと早いけど
直前の週末20,21日を選ぶが、
街中大混雑が予想される23日を
選ぶかを決めなければなりません。

ちなみに27日の土曜日だと
今年は多くの会社が長期休暇に入り
世間はすっかり年末年始モードなので
注意が必要です。

さて、婚約指輪の準備についてですが
20~23日に必要だということは
19日の金曜日までに指輪が手元に届いて
いなければいけませんね。

ダイヤモンドを選んでから指輪を製作する
セミオーダーシステムの場合は
通常3週間以上の納期がかかりますし
それは指輪のサイズを調整したり
内側に刻印を刻むだけでも同様です。

つまり、19日必着と考えたら
遅くても11月中に注文しなければ
ならないということなのです。

一方でとりあえず店頭に並んでいる
婚約指輪を購入して持ち帰るという
方法も考えられます。
(サイズの調整や、刻印の加工は
後日依頼することになります)

この場合もティファニー,カルティエ等
人気の高い海外ブランドでの購入で
予算が40万円位までの場合は、
在庫が豊富なうちに
早めに行動することをお勧めします。

いずれにしても、プロポーズだけでも
大変なことなのに
まったくわからない婚約指輪の準備まで
考えるのは本当に大変です。
バブル期のクリスマス3点セット
(レストラン、ホテル、プレゼント)が
20万円と言われていたけれど
それよりも高額なのですから・・・。

陰ながらお手伝いいたしますので
婚約指輪やダイヤモンドについて
わからないことはご相談くださいね。

(文責 渡部博行)
婚約指輪ブラシュケルTOPへ

 

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします

ダイヤモンドの個性を50字で語ること

IMG_0890

このサイトでは、個々のダイヤモンドに
50字以内のコメントがついています。

こんな面倒なことは前代未聞の試みで
ありまして、おそらく後に続くブランドも
出てこないでしょう。

私がダイヤモンドにコメントを付けようと
考えたのは、
鑑定書の4Cのスペックではわからない
ダイヤモンドの個性を何とかお伝えしたい
と考えたからに他なりません。

前回のブログに書いたように
10倍のルーペでダイヤモンドを選ぶと
それが初めてダイヤモンドを眺める
お客様であっても
4Cのスペックとは異なる結果になる
ことも珍しくありません。

その理由は2つあると考えてます。
ひとつ目は、エクセレントカットの
範囲内であってもメーカー毎に
カットの特徴があって、
見た目にシャープ、穏やか等に
印象がずいぶん異なること。
(これは誰にもわかりやすいです)
二つ目はダイヤモンドの原石の
個性とも言える輝きの違いです。

これらを踏まえて個々のダイヤモンドの
特徴を50字以内にまとめるのは
容易な作業ではありません。
正直、当社が小さなブランドだから
可能なことだと言えるでしょう。

それでも、ダイヤモンドをルーペで
ブツブツひとりごとを言いながら
眺めるのは楽しいことなのです。
『これはキレイだ!』なんていう
ダイヤモンドに遭遇したら
それは嬉しくなってしまいます。

そして、その結果が4Cのスペックとは
必ずしも一致しないのが
ダイヤモンドの奥の深さだなと
いつも考えるのです。

そのあたりのことを何とか50字に
表現しようと悪戦苦闘しているのが
現状だとお考えください。
宣伝めいた言い方で恐縮ですが
現在の在庫は近年にないレベルですが
それでも個性を表現したいのです。

まあ、私の語彙にも限界があるので
だんだん似た表現になるでしょうが
目の前のダイヤモンドを慈しんで
ほめてあげようと思い
悪戦苦闘しています。

(文責 中小企業診断士 渡部博行)
婚約指輪通販BlaCykelサイトはこちら

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします

ダイヤモンドをルーペで見て選ぶのは楽しい

IMG_2408

婚約指輪のダイヤモンドを選ぶ基準は
鑑定書に記載されている4C(カラット,
カット,クラリティ―,カラー)のスペックと
価格であるのが現状でしょう。

それもやむを得ないことだと思います。
『4Cのスペックが上位のダイヤモンドが
美しい』というのは、販売上の大原則で
これがあるからダイヤモンドの販売が
容易に行われているわけです。

それに、実際にダイヤモンドを
お客様に見ていただいて販売するのは
なかなか大変です。

ダイヤモンドをチェックするのには
一般に10倍のルーペが使われますが
指輪としてプラチナの枠にセットされた
ダイヤモンドを見ても
細かいところはわかりませんし、
混雑している百貨店の店頭等では
物理的に不可能な作業とも言えます。
(そもそも自分でダイヤモンドを
見ることが出来る販売員は少なく、
だからこそ鑑定書が便利なのです)
また店頭の強いスポットライトの下で
ダイヤモンドをルーペで見ても
キラキラ眩しくて何もわからないのが
実際のところでしょう。

正直に申し上げて、
婚約指輪に30年近く関わっている私も
自分の目でダイヤモンドを
厳しくチェックしたとしても
それをお客様に確認していただくことを
したことはありませんでした。

ところが、最近では当社ショールームに
お越しいただいたお客様に関しては
ご自分の目で見てキレイだと思える
ダイヤモンドを選んでいただいています。

これがとても面白いのですよ。

当たり前のことですが、全てのお客様は
初めてダイヤモンドをルーペで見ます。
なので、最初は悪戦苦闘するのですが
慣れてくると、それはそれは真剣に
繰り返しダイヤモンドを眺めるように
なるのです。
そこには男女の差もありません。

最初は何が何だかわからなかった
ダイヤモンドなのですが
次第に個々のダイヤモンドの
個性がわかるようになりますし
自分の好みのダイヤモンドが
決まってくるのですね。

そして自分が実際にルーペで見て
気に入ったダイヤモンドというのは
4Cのスペックとは関係が無いことが
とても多いのです。
(大きさを表すカラットだけは別です)

極端な例では
『「D VVS1」よりも「G VS1」の
方がキレイに見えるから気に入った』
ということが実際にあるのです。
価格が40-50%安いダイヤモンド
の方がキレイに見えるのですね。

まさに、ダイヤモンドは自然の産物だから
スペックだけではわからないという
事例なのですが、
個人の好みの問題なのだから
それはどうしようもないと思います。
ダイヤモンドは奥が深いということです。

もっともここまで達するには
1時間以上の時間をかけて
ダイヤモンドを見続ける必要があります。
それは当社が小さなブランドだからこそ
可能なサービスなのは間違いありません。

また、結果的に価格の安いダイヤモンドを
お勧めすることも頻繁にあるわけで
商売ベースからはずれてしまい
なかなか難しいサービスでもあるのです。

それでも、実際に自分の目でチェックして
美しいダイヤモンドを選ぶというのは
とても素晴らしいことだと確信しています。
美しいダイヤモンドは自分の感性で選び
それが鑑定書のスペックと一致しないって
とても素敵なことじゃないですか。

最愛の彼女のために、自分のために
時間と手間をかけダイヤモンドを選ぶのは
価値のあることですよね。

どうぞお時間のある方は
実際にダイヤモンドを眺めに来て下さい。
また、遠方でご来店が難しいお客様も
私が厳しくチェックしていますので
ご安心ください。
いろいろなご相談も大歓迎ですので
お気軽にお尋ねくださいね。

鑑定書に頼らずに自分の目で見て
ダイヤモンドを選ぶのは楽しいなあ。
多くのお客様に実感して頂きたいです。

(文責 渡部博行)
婚約指輪通販ブラシュケルTOPへ

 

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします

クリスマスプロポーズに婚約指輪を贈ろう(どこで買う編)

IMG_0543

11月に入り寒くなってきましたね。
クリスマスまでも2か月を切り
プロポーズを計画中の男性には
落ち着かない時期ですね。

さて、プロポーズに添える婚約指輪は
どこに行けば買えるのでしょうか?

もちろん、都心部と地方とでは
違いがあるのですが、
基本的なところは押さえておきましょう。

1)地域一番の百貨店
百貨店が便利なのは、
多くのブランドが集積しているので
短時間で情報収集やブランドの比較が
出来ることです。
また、ブライダルクラブがある百貨店では
10%程度の値引きを受けることが
出来るかもしれないので要チェックです。
お得情報の詳しくはこちら

ちなみに地域一番の百貨店とは
札幌   大丸
仙台   藤崎
東京   伊勢丹
名古屋  高島屋
大阪   梅田阪急・なんば高島屋
福岡   阪急
のことです。
どこも10以上の有名ブライダルブランドが
入っています。

2)ブライダル集積地の路面店
ブライダルリングの店舗が集まっている
地域があります。
ここでは時間と体力のある方は
1日かけて10店舗以上を
まわることも可能です。

路面店の場合は百貨店よりも
接客に時間がかかることが
多いかもしれません。
また、ダイヤモンドに関することでも
店舗ごとに主張が異なるので
冷静に判断することが必要です。

以下の都市が該当します。
札幌・仙台・銀座・横浜元町・名古屋栄
大阪梅田・大阪心斎橋・福岡天神

3)人口50万人以上の地方都市では
やや強引にまとめると
以下の選択肢があるようです

・地元の百貨店
・駅のファッションビル
・地元の老舗時計宝飾店
・全国チェーンの婚約指輪専門店
・地元の小さな個性的な店舗

それぞれで価格帯もデザインのテイストも
大きく異なるので、タウン誌等で
事前に良く調べてから訪問しましょう。
地方都市にもキラリと光る小さなお店が
ありますよ。

4)ネット通販
現在婚約指輪専門店として
10社程度が営業しています。
価格に関しては、間違いなく安いです。

円安で輸入品のダイヤモンドが値上がりし
その結果婚約指輪の価格も上昇したので
現在、20万円以下の予算で婚約指輪の
購入をお考えならば
ネット通販は有力な選択肢です。

何しろティファニー等の海外ブランドでは
30万円でも0.2カラットのダイヤモンドが
買えない程値上げが進んでいるのです。
しかし、ネット通販ならば20万円で
0.3カラット以上のダイヤモンドの
婚約指輪を購入出来るでしょう。
その価格差はとても大きいです。

但し、ネット通販各社でも違いがあり
卸業者の膨大な在庫リストのダイヤを
並べているだけのブランドと
自ら厳選したダイヤモンドを責任持って
品揃えしているブランドがあります。

また、プラチナの指輪の部分でも
パーツ業者の出来合いの枠を購入して
ダイヤモンドを留めているブランドと
オリジナルに開発したデザインで
婚約指輪の完成度を高めている
ブランドがあります。
これらの差は小さくありません。

いくら価格に魅力があるからと言って
安かろう悪かろうは避けたいですね。

いずれにせよ、婚約指輪の購入には
たくさんの選択肢があります。
なるべく準備期間を長く取って
落ち着いて比較検討したいですね。

(文責 渡部 博行)
婚約指輪ブラシュケルTOPへ

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします

クリスマスプロポーズの婚約指輪はお早めに

今日で11月に入りクリスマスまで
2か月を切りました。
クリスマスプロポーズを考えている
男性には落ち着かない時期ですね。
心中お察し申し上げます。

その中で、昨日発表された
日銀の追加金融緩和と112円台の円安は
婚約指輪を購入する立場の方にとって
全くいいことがありません。

婚約指輪のコストの大半を占める
ダイヤモンドはドル建て輸入商品なので
円安はコスト上昇に直結するからです。
8月までの1ドル102円が112円になれば
機械的に約10%のコストアップになり
婚約指輪も値上げされます。

結婚指輪はデザイン毎の定価があり
値上げのアナウンスがされますが、
婚約指輪は個々に価格が異なるので
値上げの発表はありません。
いつのまにか価格が変わるのです。
なので、今回の大幅な円安により
婚約指輪価格は間違いなく
値上げされるでしょう。

年内は現在の価格を維持する
ブランドもあるとは思いますが
在庫の回転が早い人気ブランドほど
値上げの実施は早いはずです。

販売する立場の者が言うと
釣りのように聞こえるかもしれませんが
今回の円安を考えると
クリスマスプロポーズを含め
婚約指輪の購入予定がある方には
早めのご購入をお勧めいたします。

円安とは恐ろしいもので
2年前の1ドル80円が112円になれば
輸入価格は40%の上昇です。
ダイヤモンドの場合は海外価格も
上昇しているので50%以上もの
コストアップになってしまいます。

実際、ティファニー、カルティエ等の
人気海外ブランドの最低価格は
20万円弱から30万円弱まで
大幅に値上げされているのですが
それが再値上げされるということです。
30万円用意して0.2カラットの婚約指輪が
買えなくなってしまうのですね。
円安は国民が貧しくなることなのだと
実感せざるを得ません。
(予算別婚約指輪の選び方はこちら)

当社ような小さなブランドでも同じことで
30万円以下に限定した品揃えが
どこまで可能なのか考えてしまいます。
0.4カラットのダイヤモンドのご提供を
何とか維持できると良いのですが。
当社の現在のダイヤモンド在庫です

婚約指輪を販売する立場からしても
アベノミクスはまったく困ったもの。
購入する方は、現在ある安い在庫を
値上げ前に購入するのが
唯一の自衛策と言えるでしょう。

(文責 渡部博行)
婚約指輪ブラシュケルTOPへ

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします

『39万円の婚約指輪って安すぎませんか?』は困ったものだ

2014年10月現在Googleで
「婚約指輪」を検索すると
『39万円の婚約指輪って
          安すぎませんか?』
というFAQサイト「大手小町」の記事が
1ページ目に表示されます。

これは、2012年6月に投稿され
わずか5時間で500件以上の
レスがついた記事なのです。
レスの内容は9割方、質問者の非難で
まあ、大炎上の事例と言えましょう。

大手小町は、コメントにキツイ言い方が
とても多いサイトなので
読んでいると質問者が気の毒に
なってくるくらいのレスです。

39万円の婚約指輪が相場よりも
安いわけはありません。
熱心な読者がサンプルで
世間相場よりも高い数字が出る
2014年のゼクシィの調査でも
婚約指輪単価全国平均は33.1万円。
一番単価の高い首都圏でも
平均36.2万円なのだから
どう考えても39万円は相場以上です。
詳しい検証記事はこちらです

だから検索順位を決めるGoogleは
2年前のこんな記事を重視して
順位を上げる必要はまったくないのに
最近になってこの記事は1ページ目に
復帰したのです。
(2012年秋には何と1位でした
その記事はこちら)

これはどういう理由かと考えると
おそらくこの記事が大量のアクセスを
集めているのだと思います。
それがGoogleに評価されて上位表示、
さらにアクセスが増えるという
好循環?が生れているのでしょう。

しかし、この記事の上位表示には
弊害ばかりだと思います。

39万円の婚約指輪が安すぎるという
見出しがあまりに強烈なので
どうしてもこの記事を
見たくなるのですよねえ。
しかし、この見出しを見ただけで
ビビッてしまう純朴な男性だって
いるんじゃないかなあ。
39万円の婚約指輪は相場以上だし
当社なんか30万円以下に限定した
品揃えなのですから、
これが安すぎると言われても
困惑するばかりです。
(当社の在庫リストはこちら)

婚約指輪=39万円って
何も良いことがないですよ。

それに、2年も前の投稿を
未だに世間にさらされている質問者も
かわいそうです。

大手小町で投稿削除が可能なのか
わかりませんが
既に多くのサイトに引用されていて
もはや完全削除は不可能です。

せめてGoogleのロジックが変化して
検索順位が下がればいいのだけれど
どうなることやら。
とにかく、この記事が検索上位に
表示されることは誰にとっても
困ったことなのです。

婚約指輪と検索した時に
上位に表示されるべき
本当に価値あるサイトとは何だろうかと
考えさせられてしまいます。

(文責 渡部博行)
婚約指輪ブラシュケルTOPへ

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします

婚約指輪の相場最新版(2014)解説

IMG_1932
『結婚情報誌ゼクシィ』を発行する
(株)リクルートのブライダル総研から
今年も結婚トレンド調査の結果が
発表されました。

http://bridal-souken.net/research_news/2014/10/141022.html

ときどきネット上で婚約指輪に関する
調査をみかけますが、
そのサンプル数は100程度が大多数。
『ホントかよ?』とツッコミたくなる
ことも多いのですが、
ゼクシィの調査はその規模で
他を圧倒しています。

早速、その結果を見てみましょう。

婚約指輪(エンゲージリング)の相場
(過去データは一部当社で加工済み)

(万円) 98 03 09 10 12 13 14
全国推計 ** ** 36.2 34.3 31.7 33.3 33.1
首都圏 45.1 36.3 39.2 36.7 33.3 36.6 36.2
関西 55.1 20.1 40.4 36.7 35.5 35.9 33.6
東海 47.7 41.5 38.6 34.6 33.3 34.0 33.5
北海道 ** 27.4 28.9 28.0 24.7 28.3 28.4
北東北 ** ** 26.8 27.4 25.5 27.5 25.5
宮城山形 ** ** 30.2 30.4 27.6 30.9 32.6
福島 ** ** 28.9 33.5 29.1 28.3 28.2
北関東 ** 34.0 31.1 30.9 30.7 30.9 31.7
新潟 ** ** 32.6 33.3 21.4 28.9 30.5
長野 ** ** 33.2 30.0 26.2 28.7 30.7
静岡 ** 35.9 34.8 32.9 30.7 28.8 33.6
北陸 ** 34.5 33.6 32.7 29.7 27.9 32.6
中国 ** 36.5 33.4 32.2 28.3 31.7 33.4
四国 ** 36.5 35.3 33.5 31.5 27.2 29.2
九州 ** 32.6 29.1 29.9 27.2 29.2 28.0

婚約指輪の全国平均価格、33.1万円。
前年と比較して0.2万円のダウン、
それが今回の結果です。

地域別では、北東北の25.5万円から
首都圏の36.2万円まで幅がありますが
それもほぼ例年通りのこと。
全般的にあまり変化がなかったのが
今回の結果であると言えるでしょう。

個人的に納得がいかなかったのは
円安による2,3割の値上げの影響が
この調査でまったく見られないこと。

商品単価が変わらないのであれば
ダイヤモンドのサイズが小さくなる
のは避けられないはずなのに
過半数が0.3カラット以上の大きさの
ダイヤモンドを購入したとの回答です。

ちなみに今、33万円を持って
海外ブランドの店舗に行ったら
買えるのは0.2カラットの婚約指輪。
4℃だって0.3カラットの婚約指輪は
購入出来ません。

ここ1,2年人気ブランドのシェアーが
高まっていることを考えると
細かいことですが回答の整合性に、
問題があるように思えてしまいます。

また、毎度申し上げていることですが
このゼクシィの調査結果も、
あくまでもひとつのデータに過ぎず
この相場に振り回されることはありません。

特にゼクシィの調査結果は
平均費用333万円の結婚式を実施した
女性が回答者なのです。
年齢も約2/3が20代なので
きっと熱心なゼクシィ読者達です。
だから世間の実感よりも
少し高めの数字である
33.1万円が出るのですね。

婚約指輪は自分の出来る範囲で
納得のいくものを
選べば良いのです。
私も微力ながらそのお手伝いが
出来ればと思います。
(文責 渡部博行)

私が30万円以下の婚約指輪に
こだわる理由

婚約指輪ブラシュケルTOPへ

婚約指輪の最新相場2013年版

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします

クリスマスプロポーズに婚約指輪を贈ろう(鑑定書編)

IMG_1927
婚約指輪に使われるダイヤモンドには
通常鑑定書が付いています。

鑑定書というと、何でも鑑定団みたいに
ダイヤモンドの資産価値を
明確に表示する書類のようですが
ダイヤモンドの鑑定書は、
自然の鉱物であるダイヤモンド個体の状況
及び58面体のブリリアントカットにされた
形状とカットの状態等を示したものです。

その中にダイヤモンドの品質基準とされる
4C(カラット,カット,カラー,クラリティ―)も
記載されますが、
これはアメリカ宝石学協会(GIA)が
定めた基準です。

GIAもGIAが認定する宝石鑑定士も
公的なものではありませんから
それに準拠するダイヤモンドの鑑定書も
何ら公的な書類ではありません。
必要以上に盲信しないように
注意が必要ですね。

さて、従来、国内のダイヤモンドには
国内の鑑定機関で発行された
鑑定書がついていましたが
ここ数年で変化が起きています。

GIA自らがインド等に鑑定機関を設け
鑑定書を発行するようになり
海外で取引される0.3カラット以上の
ダイヤモンドはGIA鑑定書付の状態で
取引されるようになったのです。
そのため、GIAの鑑定書が
国内でも見られるようになりました。

一方、日本国内の婚約指輪で主流の
0.3カラット未満のダイヤモンドは
GIA鑑定書無しで輸入された後
国内の鑑定書が付くことになります。
(この時期に合わせ国内の鑑定機関が
ゼクシィの広告を出すようになったのは
GIA対策として理解できることです)

どちらの鑑定書が良いということは
ありませんが、大きな違いは
GIAの鑑定書が簡易であるのに対し
国内のそれは卒業証書のように
立派な装丁をしていること。
日本だけのガラパゴス現象ですが
これは文化の違いとしか
言いようがありませんね。

その形状はどうであれ、
鑑定書はあくまでもダイヤモンド選びの
目安として参考になるものであり
それを絶対視しないこと。
自分の目で見て美しいダイヤモンドを
選ぶことこそが
ダイヤモンド選びのコツだと考えます。
(文責 渡部博行)

婚約指輪ブラシュケルTOPへ

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします

婚約指輪放浪記2015札幌編

IMG_1793
昨年は行けなかった札幌。
今年は年末よりも少し早めの訪問です。
前回、千歳空港が大雪でクローズになり
ひどい目にあいましたので。

以前から、申し上げているとおり
婚約指輪における国内三大激戦区は
札幌、仙台、福岡です。
その中でも札幌は、
北海道に結納という習慣が無く
冠婚葬祭にお金をかけない土地柄なので
婚約指輪の取得率がとても低く、
出店者にとってとても厳しい地区です。

ところが、東北以北の大都市は
仙台と札幌しかないので
この2都市へブライダル専門店の出店が
続いてしまうのですね。
どう考えてもオーバーストアでした。
しかし、札幌ではさすがに
曲がり角を迎えたようです。

まずゼクシィのジュエリーページが
とても薄くなっていました。
多くの店舗が競争に疲弊して
もはや広告費を負担する余力が
少なくなったようです。

実際、大手チェーン店の店舗等
数店舗が無くなっていたのです。
一方で、店舗の移転、リニューアルが
そこそこ実施されていて、
結果的にブライダル専門店の
適正配置が進んだと言えるでしょう。

10月は厳しい冬を前にして、
人の移動が多い時期なのですが
残っている店舗には
まずまずの来客がありました。
婚約指輪や結婚指輪は
マーケット内のシェアー争いなので
店舗数が10%減れば、
残った店舗の売上は10%増えるのです。

札幌駅から大通りへの地下道開通で
札幌駅への人の集中はさらに高まり、
もはや大通地区での店舗運営は
難しいでしょうね。
駅前の狭いエリアへの店舗集中が
今後も続くのでしょう。

店舗数、立地の適正化は
これから他の都市でも見られるはずで
札幌がその先陣だと思いました。

婚約指輪ブラシュケルTOPへ

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします