2015クリスマス、婚約指輪の選び方

もうすぐクリスマスですね。

プレゼントに婚約指輪を買って
プロポーズをしようと考える
男性はドキドキしているでしょう。

現在の婚約指輪の傾向と対策について
相場を中心にお伝えいたします。

相場の2極化がさらに進む
先日発表された
ザウェディングのリリースには驚愕。

婚約指輪の平均単価はずばり
80万円だそうです。
髙めの数字のゼクシィ調査でも
34万円なので、それの2倍以上です。
ヴァンサンカン読者のお金持ちは
違いますねえ。
婚約指輪の相場はこちら

一方で、ネット通販ブランドでは
平均単価が20万円以下の発表があり
そこには4倍以上の差があるのです。

でも、それが現実なのだと思います。

アメリカではずいぶん以前から
『ティファニーの青い箱を選ぶか
ネット通販の大きなダイヤを選ぶか』
という選択になっていますので
日本も同様になったということです。

それでは、具体的にどのように
使い分けたら良いのでしょうか。

海外ブランドなら50万円以上

ティファニー、カルティエ等の
現在の最低価格は約30万円です。

しかし、これで買える婚約指輪は
約0.2カラットのダイヤモンドです。

20代の指が細い彼女ならば
可愛くて似合うことでしょうが
大人の薬指にはさびしく見えるので
長く楽しめる指輪にはなりません。

0.3カラットのダイヤ価格は
50万円以上なので、
海外ブランドで検討される場合は
それ以上の予算が必要です。

20万円以下ならば通販の活用を
実際、男性がプロポーズ用に
一人で婚約指輪を購入する場合
15-30万円程度の予算が多いです。

30万円の予算ならば
国内ブランドで0.25カラットの
ダイヤを購入出来ますが
20万円未満の予算ならば
ネット通販がお勧めです。

その予算でも0.3カラットの
ダイヤを選ぶことが出来ますよ。

ここ数年の円安で
ネット通販と海外ブランドの
価格差はさらに広がって
同スペックのダイヤモンド比較で
3倍以上の差がつきました。

まさに
『ティファニーの青い箱を選ぶか
ネット通販の大きなダイヤを選ぶか』
の世界ですね。

当社も15万円で上質の0.3カラット
ダイヤの婚約指輪が選べますよ。
(価格表はこちら

色々考えてしまうし
悩みは尽きないと思いますが
婚約指輪選び頑張ってくださいね。