男性も婚約指輪をする時代になるのかな?

「アメリカでは男性の婚約指輪が高まっていて、
日本の男性も43%が婚約指輪を身に着けたい」
という、興味深い記事がネットに掲載されました。

アメリカでも少数派ということだし
日本の男性43%だって、そのサンプルの実態が
わからないので何とも言えませんが
実際のところ男の婚約指輪ってどうなのでしょうか?
(もちろん私を含め、販売側は大歓迎ですが)

日本の記事の画像ではイメージがわきませんが
元ネタの商品画像を見ると、なかなか
カッコいいリングですね。
‘Mangagement’ rings
と名付けられているようです。

女性用のデザインとは違って、ダイヤモンドが
埋め込まれているので、毎日着けっぱなしでも
大丈夫でしょう。
価格も約8万円と手頃です。
(その分、ダイヤモンドの大きさや品質は
そこそこであると思われます)

普通に考えれば、堅気の勤め人が会社につけて
いくにはかなりの勇気を要するので
日本でもそうそう普及することはないでしょう。

しかし約20年前、当時では珍しかった
ダイヤモンドのバリエーションのある結婚指輪を
トレセンテで発売していた頃、
それに飛びついたおしゃれなカップルの男性の
20%はダイヤ入りの結婚指輪を選んでいた
という事実があります。

このようなカップルはあくまでも少数派ですが
結納の習慣が廃れた今ならば、
婚約指輪をペアリングにしてしまうカップルが
いたとしても不思議ではないな、と思います。

これらの記事を見て、男性用婚約指輪の開発に
着手したブランドもあるかもしれませんね。
お前が作れよ!と言われても、
私は自信がありませんが・・・。

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします