世界最大の婚約指輪通販、ブルーナイル(BlueNile)がやってきた(1)

先月から、Googleで婚約指輪関連の検索をすると
ブルーナイル(BlueNile)の広告が
表示されるようになりました。

ブルーナイルというのは、婚約指輪・結婚指輪の
ネット通販をしているアメリカのシアトルにある
会社で、ナスダック市場に上場しています。
売上高はここ数年300億円程度を維持していて
ネット専業でも、日本の大手宝飾チェーン店に
匹敵する規模です。

ブルーナイルのサイトを調べてみると
プレスリリースの記事がありました(こちら)。

日本語サイトの設立は6月6日ですが
中国語のサイトは既にあったようですね。
このことが、婚約指輪市場で中国が日本を逆転
している事実の証明だと考えられます。

オリジナルが英語のサイトだから
それだけでアメリカ、カナダ、イギリス、インド
オーストラリアあたりを主にカバーして
中国語と日本語を加えると、40カ国以上を対象に
商売していることになるそうです。

スペイン語・フランス語・ロシア語・ドイツ語あたりには
対応していませんンが、このあたりでも英語で
問題の無い層は少なくないわけで
(日本でもブルーナイルでブライダルリングを
購入している人達は存在しました)
婚約指輪市場における世界制覇を達成したと
言えないこともありません。

一方でシビアな見方をすると、常に成長戦略が
求められるネットビジネスにもかかわらず、
4年間で売上高が約10%しか増えていないのは
厳しい状況ですから、
日本市場の売上で増収を狙うというのが実態
でしょう。

おやおや、公式TWITTERも開設されていました。
私のブログも登場しているじゃありませんか(この記事)。
https://twitter.com/bluenilejp
開設2ヶ月でフォロアー19人はご愛敬ですが
そのうち、本気を出されるのでしょうね。

さて、次回からそのサイトと日本市場に与える
影響等を考えてみましょう。

(続く)
婚約指輪ブラシュケルTOPへ

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします