結婚指輪と婚約指輪のセットリングに思うこと

ブライダルリング業界で「3点セット」とは
婚約指輪1本と結婚指輪2本のこと。

ひと昔前だとセットで40−50万円だったので
これが売れると店は大いに盛り上がったものです。
本来、婚約指輪(エンゲージリング)と
結婚指輪(マリッジリング)では使う時期が
半年くらい違う(以前は結納が一般的だった)ので
一緒に購入する必要はなかったのですが、
3点セットが普及したのは
婚約指輪と結婚指輪がセットになったデザインが
開発されたからなのです。
まっすぐなデザインのシンプルな婚約指輪と
結婚指輪を重ねて正面から見ると
婚約指輪のダイヤモンドが円形なので、
その部分がじゃまになって、2本の指輪の間に
すき間が出来てしまいます。
そこで両方の指輪のデザインを工夫して、
2本が一体になったように見せるのが
セットリングです。
セットリングは、私がトレセンテ在籍時、
92年くらいに開発したV字デザインの
ものが最初のヒット作です。
婚約指輪の丸いダイヤモンドをV字の中に
納めることにより、同じV字の結婚指輪
(当時では斬新なダイヤ7石入り)とぴったり
重なるようにしたのです。
今から見れば、とても素朴なセットリングです。

セールストークは、
「婚約指輪を1本だけつけるのは、婚約期間だけなので
結婚後もセットでつけられる方がいいですよ」
というものでしたね。
トレセンテとしては、ヒット商品フローラ発売前の
大黒柱だったのですが、
残念ながらいつの間にか下火になってしましました。
その理由は、V字デザインが
男性にとって抵抗があったからだと思います。
セットリングというコンセプトは良いのですが、
男性にしてみれば、もっと普通のデザインの方が
良かったわけです。
そうして生まれたセットリングですが、
誕生から20年近く経過し、
デザインのバリエーションは果てしなく広がりました。

もちろん、素晴らしいデザインのものもありますが、
中には「おいおい大丈夫か?」というものも
少なくありません。
そのポイントは、
結婚指輪1本で見たときに、美しいデザインかどうか
ということに尽きます。
婚約指輪の丸いダイヤモンドと一体化させた結婚指輪は、
デザイン上、どこかに無理がいってしまうことが多いのです。
その結果、結婚指輪単独で見ると不思議なデザインが
生まれてしまうことなります。

婚約指輪の購入時、テンションMAXの女の子は
セットのデザインに大喜びなのですが、
あとで落ち着いてから考えると
「この結婚指輪のデザイン、ちょっと変ってるね」
なんてことになりかねません。
結婚指輪を単独でつける時間の方が、
セットリングとしての時間よりもはるかに長いですからね。
特にセットリングのメリットがない男性は困ってしまいます。
そもそも、現在のセットリングには、デザインの美しさ以上に
「結婚指輪を婚約指輪と一緒に売ってしまえば手間が半減」
という店舗側の事情が色濃く反映されているように思えるのです。
長くなってしまいましたが、私がお伝えしたいことをまとめると

・婚約指輪と結婚指輪がセットになったデザインを
検討する場合は、結婚指輪単独のデザインこそ重視すべき。
・結婚指輪も大きな買い物なのだから、特段の理由がない限り
婚約指輪と一緒に購入する必要はありません。

落ち着いてゆっくり考えましょう。

 

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします