ゼクシィが密かに婚活サービスを開始し、個人情報を漏えいした件(3)

ゼクシィが新規に開始した婚活サービスで
登録会員の住所が漏えいしたという
致命的な不祥事から、ゼクシィ本体を守るために
リクルートは必死だったようですね。

この件、情報が少ないので
普段はあまり見ない、2Chを見たら時系列で
顛末がわかりました。

株式会社ゼクシィなびが運営する婚活サイト
「ツインキュ」の担当者は2Chの評判を
気にしていたようだから、
もしかしたら、2chを見て情報漏洩に気が付いた
のかもしれません。

紹介された人の住所が番地まで表示
されているんだが
これってもともとそうだったっけ?

相手の住所が見えるようになってる!!!!!!!!!!

表示の仕様を変更したみたいだけど。
やっちまったな、リクルート。
たぶんサービス終了だろね。

担当者、気付いて戻したみたい。
担当者さん、残念だけど通報しときます。

という、2Chの書き込みから、全てが始まった
のではないかと思われます。

これは4月25日23時過ぎのことなのですが
何と2時間後の26日1時台に

リクルートTwinCueツインキュ
会員住所漏洩事件

という、スレッドが立てられているのです。
もはや、リクルート、ゼクシィは会員情報漏えいの
事実をごまかすことが出来なくなりました。

おそらく26日朝から会議で対応策が練られ
稼ぎ頭のゼクシィに影響が出ないように
遠い、遠いサイトにひっそりと
「障害発生」の告知を出したのです。

しかし、2Chの住民はこれを許さなかった。
あちこちのマスコミに通報したのでしょう。
2日後の28日に産経や朝日のサイトが
これをニュースに。

あろうことか、Yahooトピックスにまで
掲載され、天下に周知となりました。

実際、Yahooトピックスに出なければ
私も情報漏えいどころか、
ゼクシィが婚活サービスを始めたことすら
知らないままだったでしょう。

ゼクシィも、まさかYahooトピックスに
取り上げられるとは考えていなかったはず。
2Ch恐るべしです。

2Chで良い評判なんて少ないでしょうが
ツインキュも最初から結構叩かれていました。

色々な悪口がある中で、客観的に考えてキツイ
と思ったのが
・ サービス開始時から体験談が掲載
・ 当初はリクルート関係者が登録
の2点。

ネットの世界では、ありがちなことなのですが
ユーザーの視線は厳しいです。

今回の事例からもわかるように
今やゴマカシはネット上で簡単にあばかれます、

2Chにも賛否がありますが、
このような浄化作用もあるのですね。

婚約指輪や結婚指輪の記事をネットに書き続ける
私も背筋が伸びる思いでした。

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします