クリスマスプロポーズに婚約指輪を贈ろう(予算編)

10月に入り、クリスマスまで約2か月に
なりました。
プロポーズに婚約指輪を用意するには
どのようにしたら良いでしょうか。
今回は予算について。

つまらない話しをするようですが
まず、用意する予算によって、
選択の幅が決まってしまうのが
現実だと言えるでしょう。

今年は、円安とダイヤモンド相場上昇で
婚約指輪の価格は前年比で1-2割
値上りされていると思います。

例えば、ティファニーの最低価格は
数年前まで20万円弱でしたが
今では30万円弱まで上昇しているので
20万円の予算ではティファニーの
婚約指輪は断念せざるを得ません。

おおまかな予算別の選択肢を
まとめますと、

・50万円
一部高級海外ブランドを除く
ほとんどのブランドで購入可能です。

・30万円
ティファニー、カルティエ等では
最低価格帯で、商品数は限定されます。
国内ブランドであれば、
中心価格帯なので、たくさんの商品から
選ぶことが出来ます。

・20万円
国内ブランドでも品揃えがありますが
ダイヤモンドの大きさが0.15カラット程度
に小さくなってしまいます。

・15万円
国内ブランドでも品揃えがありますが
ダイヤモンドの大きさが0.10カラット程度
に小さくなってしまいます。

・10万円
1粒ダイヤの婚約指輪にこだわると
品質的にやや難があるので
ハーフエタニティーリング等の
デザインも検討した方が良いでしょう。

給料の3か月分は必要ありませんが
ダイヤモンドの婚約指輪は
やはり高額なものです。
さらに、ここ2年の円安で
ずいぶん値上りしてしまったので
男性の負担は増えてしまいました。

特に人気海外ブランドは
大きく値上がりした結果
30、40万円台の商品に人気が集中し
店頭在庫が少ないこともあるようです。
こちらで検討される方は
シーズン前の11月前半までに
購入した方が良いかもしれません。

また、個人的には、
年を重ねてから使うことが難しい
0.2カラット未満のダイヤモンドは
お勧めしません。

予算が20万円以下の場合には
価格的に割安なネット通販も
検討されると良いでしょう。

円安はアベノミクスが原因ですから
それ以上に冬のボーナスが
増えるといいですね。

婚約指輪ブラシュケルTOPへ

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓


こんなこと誰も教えてくれない!

30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

のエッセンスをメルマガにまとめて
10日間でお届けします