50代からの
結婚指輪デザイン

Hygge(ヒュッゲ)は、50代以上のカップルのために、日本で初めて誕生した結婚指輪ブランドです。発売以来、初めての結婚指輪として、あるいは結婚30周年記念の買替え用として等様々なシーンでお使いいただいています。では、50代60代に似合う結婚指輪とは、どのようなデザインなのでしょうか。

20代、30代とは
似合うデザインが異なる
大人のくすり指に似合う結婚指輪のデザインは、若いカップルに似合うものとは異なります。例えば、指輪サイズが8という細い指の女性でも、20代と50代では似合うデザインが違うのです。サイズに関わらず、50代の指には年齢に相応しい風格が出てくるので、それに負けない存在感が必要です。可愛さを優先させたようなデザインはおすすめ出来ません。
豊かなボリュームと
シンプルなデザイン
50代60代に似合う結婚指輪には、サイズにかかわらず、豊かなボリュームが求められます。例えば、細すぎたり、厚みのない指輪は、大人の指には貧弱に見えてしまうものです。そして、存在感のある指輪ならば、デザインはシンプルな方が良いでしょう。余計な装飾を必要としない、フォルムが美しい結婚指輪こそ、大人のくすり指に良く似合います。
買い替えは考えず、
ずっと使える指輪を
若い頃に購入した結婚指輪が似合わなくなったからと、結婚25周年、30周年等の機会に買い替えをされるご夫婦も少なくありません。しかし、50代以上ならば今後の生活シーンがある程度見えているでしょうから、将来の買い替えを考えることなく、まさに一生モノの指輪を選びましょう。繰り返しになりますが、大人のカップルには、適度なボリュームがあり、シンプルなデザインの結婚指輪がお勧めです。